ムッシュムーリットと一緒に編み物はじめて教室 棒針編 かぎ針編はこちらから

東京 丸の内の糸の店。大量生産はできないけれど丁寧に作られた糸、
編んでいて気持ちのいい糸、編んだものを使うことで幸せな気持ちになれるような糸。
そんな糸や道具、キットなどを販売、企画展ワークショップも定期的に行われています。

ムーリットの商品ページはこちら

  1. 1時間目:編みはじめましょう 作り目(14.2.13up)
  2. 2時間目:表編み、裏編み(14.2.21up)
  3. 3時間目:目を増やす、減らす とじる(14.3.4up)
  4. 4時間目:かけ目 すべり目 メリヤスはぎ(14.3.13up)
  5. 5時間目:輪針 模様編み(14.3.25up)
  6. 6時間目:ブロッキング仕上げ(15.2.23up)
  7. 7時間目:マジックループ(16.3.24up)

7時間目:マジックループ

  • ムッシュムーリット

    今回はお客様から質問が多いマジックループのレッスンです。
    編み地から輪針のコードを引き出して編んでいく方法で、
    コードの全長より短い輪も編めるのです。

  • エンベロープ

    輪針があれば、赤ちゃんの靴下から
    大人のセーターの身頃まで様々な大きさの筒が編めるんですね。

  • ムッシュムーリット

    輪針は平編みもできるので、持っていると便利ですよ。

    2本の針がコードでつながっている輪針

    2本の針がコードでつながっている輪針。

    ムーリットオリジナルケース入りの輪針セット

    ムーリットではオリジナルケース入りの輪針セットを用意しています

  • ムッシュムーリット

    ではマジックループをやってみましょう。

    (1)必要な作り目プラス1つ作り目をします。この時に糸端を結んでおくとほどけにくくなります。

    ほどけないように糸端を結んでおきましょう

    ほどけないように糸端を結んでおきましょう。

    (2)1で作った目をコードに移動させます。

    (3)作り目を半分に分けてコードを引き出します。

    (4)針aに掛かっている作り目の最後の1目をもう片方の針(b)に移動、これで輪になります。

    ここで目がねじれていないか確認を。

    最後の1目をbの針に移動させたところ

    (5) 針aの作り目をコードに移動させ、aの針で編んでいきます。

    (6) 最初は2目一度、あとは1目ずつ編んで針にのっている作り目を全て編みます。

    ここまでの流れを動画で見てみましょう

    (7)つづいて残り半分を編みます。
    コードにのっている作り目を針に移動させます。
    先ほど編んだ目はコードに移してください。
    今回は2目一度はせずに1目ずつ編んでいきます。

    (8)編みはじめがわかるように、目数リングを入れておくといいですよ。

    それでは動画で見てみましょう。

  • エンベロープ

    私もマジックループをやってみました。
    でも目がねじれてしまうことがあって…

  • ムッシュムーリット

    そのまま編むとねじれた編み地になってしまうので、
    面倒ではあるけれどやり直さなければいけませんね。
    作り目を半分に分けて揃えた時に、ねじれていないか
    よく確認することが大切です。

  • エンベロープ

    編みはじめと編み終わりの境目があいてしまうこともありました。

  • ムッシュムーリット

    糸を始末するときに目立たないようにかがるといいですよ。

ムーリットの商品ページはこちら