イベント・ニュースや読みもの note

18.07.21

《SHOP訪問》二子玉川shed/advintage trunk show

ヴィンテージ腕時計専門店「advintage」によるトランクショーが二子玉川shedにてはじまったので、早速覗いてきました。

■7月21日(土)・22日(日)だけの期間限定

advintageは、東京・渋谷のとある雑居ビル4階に、毎週火曜日の15:00~22:00だけオープンするヴィンテージ腕時計専門店。店主の佐伯さんのセレクトした腕時計は、魅力的だけど奥ゆかしく、女性の装いにも調和するデザインです。

以前のadvintage紹介記事はこちら>>

3月に続き、shedでのトランクショーは2回目。今回は、1940年代特有のデザイン性を纏った腕時計に加え、美しいタイポグラフィで彩られた同時代のヴィンテージ広告が数多く並びます。

1940年代の腕時計は、それ以降に比べると少しシンプルでクラシックな表情。夏のカジュアルな装いにも、すっと溶け込んで合わせやすいものが多いように思います。

■時代を反映したヴィンテージ広告

前回に引き続き、今回もたくさんのヴィンテージ広告を持ってきていただきました。

その中でもひと際存在感を放つのは、メインビジュアルにも使われたエルメスの広告。1930年代の時計市の広告で、デザイン全体が時計を模しています。腕時計、懐中時計、置時計、当時の様々な種類の時計のデザインを楽しめるのも魅力です。

時代を反映したデザインが垣間見える広告は、当時のシーンを切り取った貴重な資料でもあり、ヴィンテージウォッチの臨場感を一層高めてくれます。

トランクショーは7月21日(土)・22日(日)、2日間だけの開催です。全て1点もののヴィンテージ時計、お気に入りの1本にぜひ出合いに来てくださいね。

全4回の特別コラム:advintageが語る「ヴィンテージ時計の魅力」はこちらから

最新情報はshedのページをご覧ください

2018年7月21日(土)から 7月22日 (日)
11:00~19:00(最終日は17:00まで)
shed(東急田園都市線、大井町線二子玉川駅から徒歩3分)

カテゴリ:shed, SHOP訪問

「SHOP訪問」バックナンバー
Top