イベント・ニュースや読みもの note

18.09.21

《SHOP訪問》羽生直記 個展「灯りと道具と」

鍛造作家・羽生直記さんの個展が二子玉川shedにてはじまりました。照明やフライパンなど、ぬくもりのある鉄の生活道具が沢山揃っています。9月24日(月・祝)まで開催中。

■9月24日(月・祝)まで開催中

すこし肌寒くなって秋らしさを感じる週末。二子玉川shedでは、あたたかな灯りに囲まれた、羽生直記さんの個展「灯りと道具と」が始まりました。

シェードランプ、ウォールランプ、スタンドランプ…さまざまな鉄の灯りとともに、シェルフやスツール、鉄のフライパンなど生活のものが沢山揃っています。

■照明器具の一部をご紹介します

オンライン受注会を行っているランプのほかにも、シェードの形がさまざまなランプが。二子玉川shedでの個展では、形、仕上げ、コードの長さなど、ご自宅に合わせてオーダーいただけます。


机をはさんで留めるタイプのスタンドランプも。この細かな鉄パーツはすべて羽生さんの手づくりです。


鉄だけでなく、真鍮を組み合わせたランプや、土台に石を取り入れたランプもあります。

■生活に鉄を取り入れて

今回の個展のために、フックや花瓶、フライパン、シェルフ、スツールなど、あらゆる鉄の生活道具をつくってくれました。
昨春にオンラインショップで受注会を行い大盛況だったフライパンも、直接持って体感してから注文できますよ。
花瓶は口、上辺、胴、底と部分ごとにパーツをつくり、溶接して1つの立体物を作り上げています。
スツールは家に1つあると便利な生活道具。長方形の重ねられるスツールもあります。
珍しいアルコールランプまで。明治や昭和の時代が好き、という羽生さんならではの意匠です。

▲アルコールランプの火を消す道具も

こんなにたくさんの作品が揃うことはなかなかない、羽生直記さんの個展。終日、羽生さんが在廊して、オーダーを承ってくれます。この3連休にぜひ足を運んでくださいね。

羽生直記 個展/「灯りと道具と」
shed(東急田園都市線・大井町線二子玉川駅より徒歩3分)
2018年9月21日(金)から9月24日(月・祝)
11:00-19:00(最終日は17:00まで)

関連記事:《つくり手ファイル》「ずっと使えるものをつくりたかった」/鍛造作家 羽生直記さん

 

カテゴリ:shed

Top