ムッシュムーリットと一緒に編み物はじめて教室 棒針編 かぎ針編はこちらから

東京 丸の内の糸の店。大量生産はできないけれど丁寧に作られた糸、
編んでいて気持ちのいい糸、編んだものを使うことで幸せな気持ちになれるような糸。
そんな糸や道具、キットなどを販売、企画展ワークショップも定期的に行われています。

ムーリットの商品ページはこちら

  1. 1時間目:編みはじめましょう 作り目(14.2.13up)
  2. 2時間目:表編み、裏編み(14.2.21up)
  3. 3時間目:目を増やす、減らす とじる(14.3.4up)
  4. 4時間目:かけ目 すべり目 メリヤスはぎ(14.3.13up)
  5. 5時間目:輪針 模様編み(14.3.25up)
  6. 6時間目:ブロッキング仕上げ(15.2.23up)
  7. 7時間目:マジックループ(16.3.24up)

1時間目:編みはじめましょう 作り目

編み物って何を揃えればいいの?

  • 私自身編み物がまったくのはじめてなのですが、いつかムーリットのキットを
    作れるようになりたいなと思ってます。よろしくお願いします。

  • 基本のテクニックを学ぶと、それを応用していくことで
    夢ではなくキットにも取り組めるようになりますよ。一つずつ学んでいきましょう。

  • では最初の質問なのですが…
    編み物ってまず何を揃えればいいのでしょうか。

  • 編み物の道具は色々ありますが、針と糸さえあればいつでもはじめられます。
    糸についているラベルにどの大きさの針がいいか書いてあるので、
    編んでみたい糸に合わせて針を選ぶといいですよ。

    糸と針さえあればすぐスタートできます。

    糸にはどの大きさの針で編むといいか記されたラベルがついています。
    「Needles8-10US/5.0-6.0mm」というのは5〜6mmの太さの針(アメリカの針でいうと8〜10サイズ)のこと。

  • 2本の針がコードでつながっているものもありますよね。

  • これのことですね。

    これは輪針といって、筒状のものを編む時に便利な針です。きれいに仕上げられ、
    平面のものも編めるのでこればかり使うという方も。
    使い方については別の回で説明しましょう。

  • ところで糸ってどうやって選べばいいのでしょう。お店に行くと色々あって迷ってしまうんです。

  • 初心者の方には撚りが強くて毛足が短い糸が扱いやすいと思います。
    同じものを編んでも糸によって仕上がりが変わってくるので、お店の人に相談するといいでしょう。
    でも「これで編んでみたいな」と興味を持った糸を見つけたらその出合いを大切に使ってみる、
    そんな糸からはじめる編み物も楽しくおすすめですよ。

    糸といっても素材も太さも産地もさまざま。ムーリットに並ぶのは、作り手の思いがつまったストーリーある糸たち。
    それぞれの背景について、また糸選びの楽しさについて本でお話していますので、興味がある方はご覧になってみてください。 ムーリットの本:こんな糸で編んでみたい

基本的な指でかける作り目

  • 針と糸が揃ったところで、はじめましょうか。
    編みはじめにするのが「作り目」です。
    ここでは基本的な(一般的な)指でかける作り目を学びます。

    まず糸を手にとって、編みたい幅の大体3倍の長さのところで輪を作ります。
    輪の中から糸を引き出すと、こんな風にループができます。

    そのループの中に針を通して、糸端をひっぱってください。これで1目めができました。

    次に左手に糸をこんな風にかけます。

    写真の番号の順に針を動かしていきます。

    こんな感じです。

    2目めができました。

    あとはこの動きを繰り返し、必要な数の作り目をしましょう。

    今日はここまでです。 次回は「裏編み」「表編み」をやってみましょう。

ムーリットの商品ページはこちら