ムッシュムーリットと一緒に編み物はじめて教室 かぎ針編 棒針編はこちらから

東京 丸の内の糸の店。大量生産はできないけれど丁寧に作られた糸、
編んでいて気持ちのいい糸、編んだものを使うことで幸せな気持ちになれるような糸。
そんな糸や道具、キットなどを販売、企画展やワークショップも定期的に行われています。
ムーリットの商品ページはこちら

3時間目 円を編む

編み図を見てみよう

  • 今回は丸く編むレッスンでしたよね。

  • はい。でもその前に、編み図の話をしましょう。
    棒針と同じく、かぎ針にも編み図があります。これは細編みの編み図です。

    編み図1
  • 記号くさり編みは鎖編み、 記号こま編みは細編みの編み目記号でしたよね。 どこから編み始めるんでしょうか。

  • 左下からです。

    編み図2

    左下の作り目スタートからはじめて、
    1段目は右から、2段目は左から3段目は右から編んで左上で終わりです。

  • そうやって往復編みしていくんですね。

  • 文字で説明すると難しく聞こえるかもしれませんが、やってみると動きは単純ですよ。

    細編み長編み

    往復編みでコースターを作っても。左が細編み、右が長編みです。

作り目

  • では円を編んでいきましょう。この編み図の通りにやってみます。

    編み図3

    まずは作り目、図でいうと 記号わです。 指に糸を2回巻きます。

    作り目1

    指から糸をはずして、親指と中指で輪っかを押さえます。

    作り目2

    輪の中に針を入れ糸をかけて、輪の中から引き抜きます。

    作り目3

    もう一度針に糸をかけて引き抜きます。これは1目に数えません。
    ここまでが作り目です。

    作り目4

1段め

  • 次に立ち上がりの鎖を一目編みます。編み図でいうと、記号わの上にある記号くさり編みの部分です。
    立ち上がりの鎖一目を編んだら、また編み図を見てみましょう。

    編み図3-2

    作り目の周りを6つの細編み記号こま編みが囲んでいるのがわかりますね。
    作り目にこの6つの細編みを編んでいきます。輪の中に針を入れます。

    細編み01

    糸をかけて輪の中から引き抜きます。

    細編み02

    もう一度針に糸をかけて、針にかかった2本の糸を一度に引き抜きます。
    これで細編みが1目編めました。

    細編み03

    同様に編んでいき、細編みを6目編みました。

    細編み04

引き締める

  • 次に作り目の輪を引き締めます。
    糸端を少し引っ張ってみると、2本の輪のどちらかが動きます。

    引き締める01

    動いた糸を引っ張ってください。

    引き締める02

    輪が締まってきます。

    引き締める03

    糸端を引っ張ると、もう一つの輪も引き締まります。

    引き締める04

引き抜き編み

  • 1段目の最後は引き抜き編みをします。
    最初に編んだ細編みの頭の鎖2本を拾ってください。図で見ましょう、ここです。

    図1引き抜き編み01

    最初に編んだ細編みの頭の鎖2本を拾ったところ

    糸端をくるみます。

    引き抜き編み02

    糸端をくるみながら針に糸をかけて引き抜きます。これで1段目が編み終わりました。

    引き抜き編み03

2段目

  • 2段目もまず立ち上がりの鎖を1目編んでください。鎖編みをしたら、細編みをしていきます。
    針を入れるのは、引き抜き編みをしたところの鎖2本です。図で見ましょう、ここです。

    図2

    細編みを1目編んだら、編み図を見てみましょう。

    編み図3-5

    2段目には記号こま編み2めの記号が6つ記されています。
    記号こま編み2めは1つの目に細編みを2目編み入れるという意味です。 つまり増し目です。
    なので下の図のように1目につき2目編みます。

    図3

    1段目で6つ編んだ細編みにそれぞれ2目編み入れていくので、
    2段目は細編みを12目編むことになります。

3段目

  • 編み図の3段目を見てください。3段目もまず鎖編みを1目編ますね。
    そのあと「細編み2目編み入れる」と「細編み」を交互に編んでいきます。
    そうすると、3段目は細編みを何目編むのでしょうか。

  • わかりました!18ですね。

  • 正解です。こちらが3段編み終わったところです。

    3段目

    編み終わりは、前回のレッスンでもやりましたね。糸の端を10cmほど残してカットします。

    編み終わり01

    そのまま糸を輪から引き抜いて、きゅっと引っ張ります。そしてとじ針に糸を通し、
    目立たないよう編み地の裏側に4〜5目ほどくぐらせたら終了です。

    編み終わり02 編み終わり03

こんな時どうしたら

  • 円に編むのもまっすぐ編むのも、基本的なことは同じですね。
    ところで、円を編んでいるとどこからスタートしたのかわからなくなる時があるんです。
    数えながら編んでいけばいいんでしょうけど…。

  • 段のはじまりが分からなくなるということですね。
    その場合は編みはじめのところに段数リングをつけておくといいですよ。

    段数リング

    立ち上がりの目がわかりにくかったら、段の編みはじめのところに段数リングをつける方法もあります。

  • これなら無意識で編んでも大丈夫ですね。
    あと、自分で編むときれいな円にならないんです。失敗しているんでしょうか。

  • 大抵の場合は失敗ではありません。
    スチームアイロンで蒸気をあてて形を整えてあげるときれいになりますよ。
    または棒針レッスンの4時間目で教えたブロッキングをしてもいいでしょう。

  • かぎ針の入門レッスン、ありがとうございました!
    まずはコースターをつくってみようと思います。
    ゆくゆくは、ムーリットのキットに挑戦できるように頑張ります。

  1. 1時間目:編みはじめましょう 鎖編み 細編み(14.8.7up)
  2. 2時間目:長編み 中長編み 長々編み 引き抜き編み(14.8.19up)
  3. 3時間目:円を編む(14.9.8up)

ムーリットの商品ページはこちら