イベント・ニュースや読みもの note

17.10.16

フラベド秋のジャム座談会〈前半〉

「どんな味なの?」と問い合わせの多いフラベドのジャム。そこで今回、10月に新しく届いたジャムを、エンベロープスタッフ4人で食べ比べてみました!それぞれの個人的な感想を交えながら、みなさまにしっかり、フレッシュな味をお伝えします。
〈後半〉はこちら

■6種類を食べ比べ

10月に熊本のフラベドから届いたばかりのいちじくマンゴー+パッションフルーツ和栗ピーチメルバ。その4種に加えて、名前だけでは味が伝わりにくいかも?と選んだハニーローザピーチパイン+ミントの全6種類を、それぞれ好みが違うエンベロープスタッフ4人が食べ比べてみました。

▲左からハニーローザ、ピーチパイン+ミント、和栗、いちじく、マンゴー+パッションフルーツ、ピーチメルバ

 

▲下から時計回りに、マンゴー+パッションフルーツ、ピーチメルバ、ピーチパイン+ミント、いちじく、和栗、ハニーローザ

 

▲フランスパン、ライ麦パン、プレーンの無糖ヨーグルト、全粒粉のビスケット…ジャムそのものを味わうために、シンプルな食材を用意

 

いちじくはライ麦パンと

▲秋らしい色のジャム。瓶からいちじくの葉が覗いています

 

まず初めに、秋の味覚と言えばのいちじくジャム。よくあるジャムだから…と思って食べてみると、口々に「こんなフレッシュないちじくジャム初めてかも!」の声。

それもそのはず。熊本の農家の方が、朝採ったばかりの完熟いちじくをフラベドに運んでくれるので、採れたての新鮮なうちに調理できるのです。

「甘いけど、砂糖でわざと加えた甘さじゃなくて、いちじくそのものの甘みの強さだとわかる」

「その甘さが、ライ麦パンの酸味とぴったり。ハード系の黒パンにいちじくジャム…鉄板の組み合わせだね!」

▲スタッフのおすすめは、ライ麦パンと合わせる食べ方

 

いちじくジャムの商品ページはこちら

ジューシーさが自慢!マンゴー+パッションフルーツ

次は、熊本のアップルマンゴーと、熊本のブランドフルーツ「火の国パッション」を合わせた色鮮やかなジャム。

▲見るからにジューシー!開けた瞬間から南国らしさが香ります

 

「採れたての果実を食べているみたい!見た目で分かるくらいマンゴーの果肉がゴロっと入っているのに、口にいれた途端、す~って消えた」

「パッションフルーツが入っているから酸っぱいのかと思ったけど、マンゴーの甘みがメインだね」

「このプチプチ、南国らしさが詰まっていて美味しい。止まらない!」

▲果実がごろごろ、だけどさらっとしているので、穴の開いたクラッカーに乗せるときはこぼれないように

 

ヨーグルトにも入れたいし、ソーダ割りもいいなあ、アイスに乗せても美味しそう…と、いろんな使い方に夢が広がります。

マンゴー+パッションフルーツの商品ページはこちら

見た目も華やか大人なピーチメルバ

ロンドンの一流シェフが時の歌姫に捧げたスイーツ『ピーチメルバ』をモチーフにしたジャム。華やかな見た目に「これ、気になってた!」とスタッフみんな興味津々。

▲ところどころ濃赤なのは、ローゼルという食用ハーブの色。クエン酸が豊富、美容効果があって女性に嬉しいハーブ…とのことで、さらに魅力的に見えてきました

 

スイーツの『ピーチメルバ』で使うラズベリーの代わりに、このジャムではローゼル使って。桃・バニラビーンズと一緒に煮ています。

夏に届いた桃ジャム(ハナヨメ)は桃の果実をシンプルに楽しむジャムだったけれど、今回の桃ジャムは・・・?

「(ライ麦パンに合わせたスタッフ2人)美味しい!けど、あれ?思ったよりシンプル」

「(フランスパンに合わせたスタッフ2人)え!そうかな。ハーブが効いてて、深みある大人のジャムって感じだよ」

▲その言葉を聞いて、ライ麦パンからフランスパンに変更すると、確かに!桃を支えるハーブやバニラビーンズの味が。シンプルなパンだと、ジャムの個性が引き立ちます

 

はじめは意見が2つに分かれたけれど、ライ麦パンと、フランスパン、乗せるものによって味わいが違うみたいです。せっかくこのジャムを買うなら、プレーンなパンやバニラアイスに合わせるのがいいかも。

ピーチメルバの商品ページはこちら

おだやかな甘み、和菓子みたいな和栗

栗のジャム、といわれてイメージするのは、モンブランのような洋風な味。でもフラベドの栗ジャムの名前は堂々と〈和栗〉。材料は栗と砂糖だけで、お酒も入っていません。

▲ご近所のパン屋さん「ベーカリーアベ」の栗のフランスパンに合わせて

 

栗を使った食べものってだいたい美味しいよね、と思っているスタッフ4人。それだけ初めのハードルが高かったけれど、一口食べて全員一斉に「え~!こんなに美味しいの…!」と驚きの声。

▲ペースト状にならず、舌触りがなめらかで、実もごろごろ

 

「デパートで売っている高級な栗きんとんの味がする!和菓子みたい」

「ここまで穏やかな甘みを出せるなんて…良い栗じゃないと、こんなに美味しくできない気がする」

熊本は、実は全国2位の栗の産地。特に美味しい栗ができることで有名な人吉球磨地方にある、賀久農園の栗を使っています。

「私、買います」「あれ、もしかしてみんなの1番かな…」

和栗ジャムの商品ページはこちら

 

秋のジャム座談会〈後半〉は、残りの2種を食べて、最後に4人それぞれの1番を決定!〈後半〉はこちら

フラベドのジャムのページはこちら

インスタグラムにてフラベドのジャムを投稿すると、500円OFFクーポンをプレゼント。投稿は10/31まで!詳しくはこちら

カテゴリ:フラベド, エンベロープ

Top