イベント・ニュースや読みもの note

18.09.03

フラベドから届いた季節のジャム!スタッフが食べ比べてみました〈前半〉

熊本の「フラベド」より、新作のジャムがどっさりと届きました。その数7種類!なかなか画面ではお伝えしきれないそのおいしさについて、エンベロープスタッフがレポートします。

商品ページはこちらから

■食べ比べたのはこちらの7種類

今回届いたのは「メリメロ」「河内晩柑」「青梅」「完熟梅」そして「りんごタタン風」の5つのフルーツジャム。さらにお酒の名前が入ったジャム「テキーラサンライズ」「ブルーベリー+キルシュ」を加えた7種類です。

▲左からメリメロ、河内晩柑、青梅、完熟梅、リンゴタタン風

▲テキーラサンライズ(左)、ブルーベリー+キルシュ(右)

▲ジャムのお供はバゲット、カマンベール。このほかに、アイスクリーム、炭酸水も

■メリメロってなぁに?

まず最初に試したのは「メリメロ」。

「メリメロ」はフランス語で「ごちゃまぜ」という意味。何種類もの果物が入っているこのジャムにぴったりの名前。橙、ブラッドオレンジ、レモン、ライム、いちご、シークワーサー、グレープフルーツが入ったミックスマーマレードです。

▲果肉がごろごろ、ぽってりとした感触

「ブラッドオレンジ、ライムやシークワーサーそれぞれの爽やかさの相乗効果がすごいね!」

「いちごが入っているので、いつも食べてるマーマレードと比べていろんな味がして濃厚~」

「白ワインと合わせたくなる、柑橘のすがすがしい香り」

▲炭酸水で割ると、果肉が浮き上がって花びらのよう

7種類の果物からうまれる複雑なおいしさが魅力のジャムです。

メリメロの商品ページはこちら

■爽やかでまっすぐな味、河内晩柑

次に試したのは「河内晩柑」。

和製グレープフルーツとも言われる河内晩柑。グレープフルーツと比べると酸味や苦みがおだやかです。

▲とてもきれいな明るい黄色。甘すぎないのでどんどん食べてしまいます

「すっきりとした苦味があって食べやすい。甘ったるくない!」

「ひとくち食べてみると柑橘の爽やかな香りが広がる。マーマレードのほろ苦さが苦手だけど、これは食べやすい」

「カリッと焼いたバゲットにたっぷりつけて食べたい!」

河内晩柑の爽やかさがたっぷりと詰まっています。

河内晩柑の商品ページはこちら

■目が覚めるような美しい色、青梅

3番目に試したのは「青梅」。

熊本・泰勝寺の梅の木に実った青梅のジャム。もぎたての青梅をそのまま瓶に閉じ込めたような鮮やかな色。7種類の中でもひときわ目立つ存在です。

▲スプーンですくうと大きな果肉が出てきました

「青色がきれい!ジャムでこういう色ってなかなかない!酸味があって甘さ控えめだね」

「青梅でしか味わえないフレッシュな味。クリームチーズとはちみつに合わせてもおいしそう」

「和風のお菓子にも合いそう。白玉団子にあんこと添えても美味しいかも!」

初回入荷時にすぐ完売してしまったジャム。きれいな色の青梅はプレゼントにもおすすめです。

青梅の商品ページはこちら

■凝縮したおいしさ、完熟梅

4番目は「完熟梅」。

完熟梅ならではのはなやかな香りと、甘味、酸味。琥珀色の果肉がなんともおいしそう。

▲青梅と同じ、熊本・泰勝寺の完熟梅で作ったジャム

「はっとするおいしさ。思わずジャムだけで食べちゃった。しっかりと酸っぱくてしっかりと風味があるね」

「梅酒の味が好きだけど、アルコールは苦手・体質的に飲めない、という人にオススメしたい」

「梅好きの私に、ど真ん中のおいしさ!元気が出る味。朝にトーストにたっぷりつけて食べたいな」

「冬にはお湯に入れてホット梅も良いね!」

完熟梅の甘味と酸味は、夏の疲れをやさしく癒してくれそうです。

完熟梅の商品ページはこちら

■まるでデザート、りんごタタン風

5番目は「りんごタタン風」。

りんご「ふじ」を使ったカラメル風味のジャム。スプーンですくうと、とろりとしたやわらかさにびっくり。

▲口にいれた瞬間、溶けていくよう。しっかりとした甘みとほろ苦さがたまらない

「いつまでも食べてしまう危険なおいしさだね」

「アップルパイを食べているような気分!アイスやチーズとの相性が1番良い!」

「コクがあるリンゴジャムは初めて~」

「甘さと香りがはっきりしてるから、紅茶に入れても引き立ちそう!」

青梅と同じく、初回入荷時にすぐ完売したりんごタタン風。それだけでデザートみたいなジャムは、どうやって食べようか楽しみがふくらみます。

リンゴタタン風の商品ページはこちら

後半にはお酒の名前が入ったジャムが登場!スタッフのいちおしもご紹介します!
〈後半〉はこちら

 

 

 

カテゴリ:フラベド

Top