イベント・ニュースや読みもの note

19.05.27

毎日使いたい、シンプルなグラス帖

夏が近づくと、食卓を涼しく見せてくれるガラス食器の出番が増えますね。中でもシンプルなグラスは年中大活躍。エンベロープで取り扱っているグラスを比べてみました。

■ 3つのブランドをご紹介

今回比較するのは、エンベロープの定番商品。「yumiko Iihoshi Tumbler」、
WASHIZUKA GLASS STUDIO」、「ANDO’S GLASS」の3つのブランドをご紹介します。

▲左から、 「yumiko Iihoshi Tumbler」、「WASHIZUKA GLASS STUDIO」、「ANDO’S GLASS

yumiko Iihoshi Tumbler

イイホシユミコさんがデザインしたグラスを、木村硝子の職人が製作しています。サイズはS、M、Lの3種類。Sサイズでも充分な大きさがあります。

▲サイズは3種類、S:約7cm、M:約8cm、L:約9cm

他のグラスよりも口が広いので、大きな氷もたっぷり入れて冷たい飲み物が楽しめます。持ってみると、薄い見た目よりしっかりとした印象のグラス。

WASHIZUKA GLASS STUDIO

ガラスの街、富山で製作している鷲塚貴紀さんの作品。サイズはshortとlong、カラーがclearとsmokeの2色あり、 飲み口と底がほんのり色づいて、 独特の雰囲気感のあるグラスです。

▲サイズは2種類、 short:約7cm 、long:約11cm

シャープすぎないシルエットに手仕事の温かみを感じます。しっかりとした厚みがあるので、使っていても安心。光によって変わるガラスの表情が楽しめます。

ANDO’S GLASS

イギリスのデザイナーが手掛けたモダンなグラスを、東京の下町の職人がひとつひとつ手作りしています。サイズの異なるグラスですが、実はどちらも同じ容量が入ります。

▲サイズは2種類、S:7.8cm、T:10.6cm

薄く繊細な口当たりを求めるならこちらのグラスがおすすめ。シャープな飲み口と丸みのあるシルエットが美しいデザインのグラス。

yumiko Iihoshi TumblerWASHIZUKA GLASS STUDIOのグラス はスタッキングして収納できます

■欲しいグラスはどのサイズ?

食事の時に使いやすいのは、やはりショートサイズのグラスではないでしょうか?テーブルに並べても高さを感じさせないちょうどいい存在感。

yumiko Iihoshi Tumbler(S)

▲Sサイズでもたっぷりサイズ

yumiko Iihoshi Tumbler(M)

▲ 厚みは、繊細さを感じる1.1mm

〈WASHIZUKA GLASS STUDIO/short

▲持ちやすいコンパクトサイズ

ANDO’S GLASS/S

▲お酒にも合いそうなしもぶくれのシルエット


冷たい飲み物やビールはたっぷり飲みたいですよね。そんな時はロングサイズの出番です。

yumiko Iihoshi Tumbler(L)

▲たっぷり入る一番大容量なグラス

WASHIZUKA GLASS STUDIO/long

▲一番背の高い、スタンダードなグラスのシルエット

ANDO’S GLASS/T

▲デザインにこだわったグラスの厚みは1.2mmと薄め

■ 飲み物だけでなく、こんな使い方も

ショートサイズのグラスは、飲み物以外にオヤツやデザート、小鉢のような使い方もおすすめです。ロングサイズは人数分のカトラリーを入れテーブルに。

小鉢のかわりに、彩のあるサラダを入れて

yumiko Iihoshi Tumbler(S)

夏場は麺つゆを入れて涼し気な食卓に

WASHIZUKA GLASS STUDIO/ short

ショートサイズのグラスにデザートを入れて

▲ 左から「WASHIZUKA GLASS STUDIO」、「ANDO’S GLASS 」 、「yumiko Iihoshi Tumbler

人数分のカトラリーを入れて、そのまま食卓に

WASHIZUKA GLASS STUDIO/long

野菜スティックなどを入れるとお店のような雰囲気に

yumiko Iihoshi Tumbler(L)

スタンダードで食卓に馴染みやすいグラスは、長く使うものだからこそ、じっくりこだわって決めたいですね。
ご自宅用はもちろん、結婚祝いや新築祝いなどの贈り物にもおすすめです。ギフトラッピングや熨斗包装もご利用いただけます。

カテゴリ:コホロ, オクシモロン, エンベロープ

Top