イベント・ニュースや読みもの note

21.04.29

《スタッフ買い物帖》家でも外でも着られる服。SALUÉのスムースパンツ

私たちが愛用するアイテムをご紹介する「スタッフ買い物帖」。今回は、スタッフいしかわが今の時期重宝しているSALUÉ(サルエ)のスムースパンツについて語ります。

商品ページはこちらから

■今欲しいのは、家でも外でも着られる服

毎年2回開催している、SALUÉの展示受注会。SALUÉの服は定番でずっとつくっているものが多いので、毎回少しずつ買い足しをしつつ「次回はあれを買おう」と楽しみを残して終わります。

そうして今年の春の展示受注会で買ったもののひとつが、前々から決めていた「スムースパンツ」のホワイト。(イベントで買いましたが、エンベロープオンライン・エンベロープ名古屋では常設でも置いています。)

まだまだ家で過ごす時間が長いので、家で着るものは少しずつでも心地よいものにアップデートしていきたいですし、家でも外でも着られる洋服って重宝しますよね。そんな気分の春に、ぴったりのアイテムでした。

■定番は、ワンピースの下に

ほどよい厚みのカットソー生地で、とにかく肌ざわりがなめらかで着心地のよいスムースパンツ。あたたかくなってタイツを脱いでからは、ワンピースの下に着るインナーウエアとして重宝しています。

▲ホワイトが足元からちらりと覗くと、コーディネートが爽やかに。リゼッタのカットソー「フリッツ」、uryyaのシルクワンピースと合わせてよく着ています。巾着バッグは今年買ったteori worksのuni kinchaku

レギンスのように締め付け感がないのでリラックス感があります。生地の滑りがよいので、肌につかず夏でも涼やかに過ごせそう。

また、足元がゴムでシャーリングされているので、歩きやすいのもいいところ。自転車通勤をする時も、安心して着ることができます。

スムースパンツはインナーウエアにもなりますが、お出かけ着用のイージーパンツにもなります。目の詰まった生地なので、私の持っているホワイトでも下着の色に気を付ければ1枚でも透けません。

▲透け感がないのは、細い繊維を織り機でダブルの度詰めをしているためだそう。薄手でありながら、カットソーとは思えない立体感のある素材です

■リモートワークの日の、部屋着として

リモートワークの日や家でリラックスする日は、ルームウエアとしてはいています。ちょっとソファーで寝ころびたい時も、伸縮性のあるカットソー生地だから問題なし。

カットソー生地でも部屋着感が出過ぎないのは、適度な張りがあるから。デザインの美しさとストレスフリーさを両立しているのが、今の気分にぴったりとハマる理由なのだと思います。

■次に買いたい、家でも外でも着られる服は…

買ってみると想像以上に出番が多いので、洗い替えでもうひとつ欲しいなと考えています。次買うなら、1枚で着るのにさらに活躍しそうなブラック。夏になったら、リゼッタのフレンチスリーブブラウスと合わせて着たいな……と妄想を膨らませています。

最後に、私の持っているホワイトはしばらく完売していましたが、こちらの記事の公開と合わせて予約販売がスタートします。7月お届けになりますので、夏に向けてぜひ取り入れてみてください。

商品ページはこちらから

この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:エンベロープ, スタッフ買い物帖

「スタッフ買い物帖」バックナンバー
最近の記事
Top