イベント・ニュースや読みもの note

21.10.23

寝室がもっと好きになる。スローケットのススメ

毎日長い時間を過ごすベッドルームだからこそ、寝具にこだわってみませんか?今使っているシーツやデュべカバーをまるっと新調しなくても、スローケット・ブランケットを1枚プラス。それだけで、インテリアが彩られるだけでなく、お休みの時間がより心安らげるものになるはずです。

■ベッドルームをもっと心地よく

ほとんどの人が一日の約1/3を過ごすのが寝室。

長い時間を過ごすからこそ、もっと心地よく、もっと好きな空間にしていきたいものです。

そんな寝室をぐっと快適にするアイディアのひとつが、ベッドにスローケット・ブランケット(※)を取り入れること。今使っている寝具にプラスするだけで、ベッドルームのインテリアがぐっとグレードアップします。

▲デュべ(掛け布団)の上にふわっと被せて

今回はエンベロープで取り扱う3つのスローケット・ブランケットとともに、それぞれの魅力と選び方をご紹介します。

※スローケットとブランケットの違いに明確な定義はなく、エンベロープではベッドをすっぽりと覆うことができる大判のものをスローケット、それより小さなものをブランケットと呼んでいます。

■01.やわらかリネンの大判スローケット「LIBECO スローケット ハドソン」

特長:リネン100%、大判サイズ(260x225cm)、一年中使える

まず一番にご紹介したいのが、2021年の新作「LIBECO スローケット ハドソン」。

LIBECOのリネンの気持ちよさを凝縮したような、ほどよい重みのあるやわらかな質感。毎晩触れるだけでうっとりするような気持ちにしてくれて、ナイトタイムを心地よいものに引き上げてくれます。

秋~春にかけてはスローケットとして、夏はシーツとして敷いたり直接肌掛けにもできて、一年中使うことができます。

▲暑い季節は肌掛けとして。シーツ代わりに敷くのもおすすめです

260×225cmと聞くと、大きすぎるように感じるかもしれませんが、むしろこのサイズがよいのです。シングルベッドをすっぽりと包み込んでくれて、床に垂れ下がる様子も絵になります。

▲そのまま枕まで包み込んでしまえば、ベッドをカウチソファとして使うことも。生活感がなくなり、インテリアがより洗練されたものになります
▲シングルサイズのベッド(200cm×100cm)をすっぽりと覆うことができる大きさ

:::ITEM INFOMATION:::

商品ページはこちらから

■02.秋冬にぴったり、ウールリネン素材「LIBECO ブランケット オスカー/マーシャル」

特長:リネン70%ウール30%、135-140×220cm、秋冬向け

「LIBECO ブランケット オスカーマーシャル」はウールが30%混ざったリネンなので、先にご紹介したハドソンよりあたたかで秋冬向けの素材。ウール地ですがちくちくすることはなく、ソフトでなめらかな肌ざわりです。

▲写真左:オスカー、写真右:マーシャル
▲どちらもフリンジ仕様。写真左:オスカー、写真右:マーシャル

シックな色合いで、寝室に取り入れるとインテリアも秋冬仕様に。

サイズは135-140×220cmで、掛け布団がちょうど隠れるくらいの大きさ。大きめのブランケットとしてソファーで使うのもおすすめです。

▲シングルサイズのベッド(200cm×100cm)に掛けるのにちょうどよいサイズ

:::ITEM INFOMATION:::

「LIBECO スロー オスカー」商品ページはこちらから
「LIBECO スロー マーシャル」商品ページはこちらから

■03.高密度ウール100%「Burel Factory ブランケット」

特長:ウール100%、180x130cm、秋冬向け

最後にご紹介するのは、「Burel Factory ブランケット」。こちらはブランケットとしてつくられているので小さめですが、ベッドに被せても使えます。

ブランド名にもなっている「Burel(ブレル)」とは、ポルトガル山岳地帯の伝統的な生地のこと。その丈夫さが特長で、マントやコートに用いられていたそうです。こちらのブランケットもその特長を受け継ぎ、目の詰まったしっかりとしたウール地で、抜群のあたたかさです。

サイズは130×180cmと今回ご紹介する中では一番小さめ。ベッドスローとしてはもちろん、肩から羽織ったり、ソファや椅子の上で膝掛けとしたり、マルチユースできる一枚です。

▲デュべ(掛け布団)の上にふわっとのせて

デザインは3種類。繊細なノルディック柄の「クラウド」と、山々を描いた「ヴィジュアルイエロー」「ヴィジュアルグリーン」があります。

:::ITEM INFOMATION:::

商品ページはこちらから

■スローのある生活、はじめてみませんか

ベッドルームは家の中でもとてもパーソナルな空間。他人が立ち入らない場所だからこそ、インテリアを整えるにも少し後まわしに……という方もいるかもしれません。

けれども、休んだりリラックスしたりする場所だからこそ、もっと心地よくなるようにしてみては。今回ご紹介した3つのアイテムは、きっと快適な寝室づくりの助けになってくれるはずです。

みなさまにぴったりのスローケット・ブランケットが見つかりますように。

カテゴリ:リネンバード

最近の記事
Top