イベント・ニュースや読みもの note

19.06.14

リゼッタの白Tシャツ、着比べてみました

夏になると出番が増える、シンプルな白Tシャツ。リゼッタのコレクションから、形の異なる4アイテムを着比べてみました。自分にぴったりな1枚を探してみてください。

■4つの白Tシャツを比較

リゼッタに揃っている、大人の女性の装いに似合う白Tシャツたち。今回はそれぞれ個性のある4型の白Tシャツを、エンベロープスタッフが比較してみました。

▲左から、マルクジェレミーシルヴァンエルマン

デザインが異なるのはもちろん、 リゼッタでは型によって使用する糸を変えてつくっています。なので、生地それぞれにも個性があるんです。

それでは、さっそく比べてみましょう!(以下、着丈の短いものから順にご紹介します)

■マルク ブラン:短い着丈で、スタイルよく

まず初めは、着丈が短めで、スカートでもパンツでもコーディネートのバランスがとりやすい「マルク」。

上半身がコンパクトにまとまるので、スタイルが良く見えるのが嬉しいポイント。 身幅はゆったりめで、身体のラインが出にくい形です。

▲短めの着丈で、ウエストインしなくてもきれいにまとまります(モデル身長:166cm)

首まわりは詰まりすぎずあきすぎずで、ネックラインがきれいに見えます。

▲袖口を折り返したデザイン

生地は目が詰まっていて、ほど良い厚み。リラックスして着られる、柔らかな素材感です。

▲4つの中で、最も“いわゆるTシャツ”らしい素材感

着丈:49cm(サイズ36)/51cm(サイズ38)
首のあき:★★☆(普通)
フィット感:★☆☆(ゆったり)
生地の厚み: ★★☆(普通)

マルクの商品ページはこちらから

■ジェレミー アンティークホワイト:鎖骨がのぞく、女性らしいデザイン

首まわりが広めに開いているので、鎖骨まわりが美しく見える「ジェレミー」。

リゼッタ別注のアカラアルティ綿糸を使った素材は、 薄手で肌触りが抜群。真夏でも涼しく快適に過ごせそうです。

首まわりはリブがなくすっきり。横に広くあいていますが、深さはないので品があります。袖はフレンチスリーブで、女性らしい印象に。

▲首まわりも袖口も、縫い目はすっきり

素材感は、柔らかくしなやか。グレイッシュな白のため、薄手の生地でもインナーが透けにくいです。

着丈:51.5cm(サイズ36)/54cm(サイズ38)
首のあき:★★★(広め)
フィット感:★★☆(普通~ゆったり)
生地の厚み: ★☆☆(薄め)

ジェレミーの商品ページはこちらから

■シルヴァン ブラン:2Wayで着られる、大人のTシャツ

しっかりめのコットンジャージー生地で仕立てられた、「シルヴァン」。肩裏にあるループを止めると、 ノースリーブとして着られるユニークなデザインです。

首まわりはリブが太めでマニッシュな雰囲気ですが、それがフレンチスリーブの女性らしさをより引き立てます。

生地は、しっかりと厚みのあるコットンジャージー素材。 速乾性が特徴の空紡糸を使っているので、 さらっとした質感で汗をよく吸うそうです。

ノースリーブにアレンジをすると、より大人っぽい雰囲気に。真夏でも涼しく着られます。

▲全体がIラインになるノースリーブアレンジ

着丈:56cm(サイズ36)/58cm(サイズ38)
首のあき:★☆☆(狭め)
フィット感:★★☆(普通)
生地の厚み:★★★(しっかりめ)

シルヴァンの商品ページはこちらから

■エルマン ブラン:安心感のある5分袖に、ドライな素材感

太めのリブとドライな素材感でカジュアルな印象の、5分袖Tシャツ「エルマン」。

他の3つより、着丈が10cm以上長いデザイン。ウエストインしてブラウジングしても、動いているうちに出てきてしまう心配がありません。

腕まわりは細めなので、長めの袖でも野暮ったくなく大人っぽい印象に。夏の日焼け対策や、二の腕をあまり出したくない方におすすめです。

▲ 切り替えのステッチがアクセント

カード糸といわれる粗野な糸を使った生地は 、カジュアルな雰囲気。肌に当たる部分が少ないので、ドライ感があり涼しく感じられます。

▲ 糸を紡績した時に出る落ち綿でつくった、環境問題に配慮した素材の糸を使用

着丈:65cm(サイズ36)/69cm(サイズ38)
首のあき:★★☆(普通)
フィット感:★★☆(普通)
生地の厚み: ★★★(しっかりめ)

エルマンの商品ページはこちらから

■ぴったりなTシャツ、見つかりましたか?

これからどんどん気温も上がり、1枚でさらりと決まるTシャツが活躍する季節。白Tシャツはインナーの透け具合が心配になりますが、今回ご紹介した4つは透けにくいものばかりだったので、安心して着ていただけます。

お気に入りのTシャツをぜひ見つけて、夏の装いに加えてくださいね。

▲上段左から時計まわりに、マルクジェレミーエルマンシルヴァン
▲生地の色も少しずつ違います。左から、マルクジェレミーシルヴァンエルマン

カテゴリ:リゼッタ

Top