イベント・ニュースや読みもの note

簡単レシピ帖

いりこと昆布の水だし

フードホールの食材を使った、簡単レシピをお届けします。私たちスタッフや生産者による、少しのアレンジでできるおいしいものをご紹介します!

第2回目のレシピは、やまくに  瀬戸内 ひうち灘産いりこ(大羽)と昆布の水だし。とても簡単なので、オフィス内でもこの方法でだしをとるスタッフが増えています。

■材料

・水…500mL
やまくに  瀬戸内 ひうち灘産いりこ(大羽)…3尾
・昆布…5g

■つくり方

・ボトルにいりこと昆布を入れて水を注ぎ、冷蔵庫で一晩寝かせれば完成

※いりこだけでも、おいしい水だしになります。その時は数を5~6尾に増やしてください
※濃いめのだしをとりたい時は、20~30分漬けた後に火にかける。昆布は沸騰直前に、いりこは5分ほど煮出してから取り出す

火にかけない水だしなので、すっきりと上品。どんな料理にも合わせやすいので、常に冷蔵庫にストックしておくと日々の料理に活躍します。日持ちは冷蔵庫で3日程度なので、早めに使い切ってください。

いりこだしの基本のとり方は、コラム:《スタッフ買い物帖》あらためて楽しんでいます。だし生活でもご紹介しています。

カテゴリ:エンベロープフードホール, 簡単レシピ帖

Top