イベント・ニュースや読みもの note

簡単レシピ帖

混ぜて寝かせてつくる、塩糀

フードホールの食材を使った、簡単レシピをお届けします。私たちスタッフや生産者による、少しのアレンジでできるおいしいものをご紹介します!

米糀、塩、水でできるマルクラ食品さんに教えてもらった、塩麴のつくり方をご紹介。手づくりだからこそできる無添加の万能調味料です。

■材料

乾燥米こうじ…200g
自凝雫塩…60g
・ぬるま湯(60℃以下)…250~400cc (できればミネラルウォーター)
※温度計がない場合は、沸騰したお湯に同量の水を加えてください

■つくり方

(1) 材料をボールに入れ、しっかりと混ぜます
※ぬるま湯は、温度が高い方( 60℃以下 )が失敗しづらく、発酵がすすみます

(2)保存容器に移します。発酵で出てくる二酸化炭素を抜くため、蓋はゆるめにします

(3)1日1回、スプーンで混ぜ、常温で(夏:約1週間、冬:約2週間)発酵させます。やわらかくなったら塩糀の完成。保管は冷蔵庫で、半年間を目安に使い切ってください

塩の代わりに何にでも使えますが、おすすめは肉や魚などの素材の漬け込みに使うこと。素材がしっとりとし、自然な旨味が料理をおいしくしてくれます。加熱の時に焦げやすいので火加減を見ながら調理してくださいね。

この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:エンベロープフードホール, 簡単レシピ帖

「簡単レシピ帖」バックナンバー
Top