イベント・ニュースや読みもの note

簡単レシピ帖

紫歌仙でつくる、山形のだし

フードホールの食材を使った、簡単レシピをお届けします。私たちスタッフや生産者による、少しのアレンジでできるおいしいものをご紹介します!

夏野菜と薬味を合えた郷土料理、山形のだし。今回は 大久保醸造店が3年熟成させた醤油「紫歌仙 」でつくりました。ごはんや冷奴、素麺にのせて。暑さで食欲の落ちたときにも、食べやすいひとしなです。

■材料

・きゅうり…1本
・オクラ…4本
・ミョウガ…1本
昆布(出汁をとったあとのもの)…10cm

(A)
紫歌仙 …大さじ1
・みりん…大さじ1
…小さじ1
・砂糖…小さじ1
ごま油…小さじ1/2
…少々

■つくり方

(1)オクラはさっと茹でて粗みじん切りにする。きゅうり、ミョウガと昆布も粗みじん切りにする

(2)(1)をボウルに入れて、Aを加えてねばり気が出るまで混ぜ合わせる

まろやかで奥深い醤油と昆布の旨味効果で、夏野菜がよりおいしく。火を使わずにできるので、暑い季節におすすめです。

この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:エンベロープフードホール, 簡単レシピ帖

「簡単レシピ帖」バックナンバー
Top