イベント・ニュースや読みもの note

17.11.22

《スタッフ買い物帖》あたたかくて、大きくて、とっても軽い。私の相棒ブランケット

私たちが愛用するアイテムをご紹介する「スタッフ買い物帖」。今回はスタッフいしかわが、リネンバードの「ウールブランケット」について綴ります。

商品ページはこちらから

■ブランケット難民でした

11月ももうすぐ終わり。すっかり冬のような寒さの日が増えてきました。

昔から暖房をつけると何となく調子が悪くなってしまうので、家の中ではウールの靴下を履いたり、湯たんぽを抱きかかえたり、アナログな寒さ対策をしています。

そんな私にとってブランケットは必須アイテム。

ですが、家にあるブランケットはちょっと小さかったり、ちくちくしたり、重かったり。たくさん持っているのですが中々しっくりしたものと出会えず、今年も9月頃から探しはじめました。

▲我が家のブランケットたち。中々満足するものに出会えず、気づけばこんなに…

■私がブランケットに求める条件

それは、以下の3つ。

1.しっかりあたたかいのは大前提
2.ビッグサイズ
3.肩が凝る、ずっしり重いのは×

この厳しい(?)条件をクリアして先月買ったのがこちら、ウールブランケットです。

サイズが140cm×200cmと大判なので体をすっぽりと包み込んでくれるのに、とっても軽いので肩が凝りません。

一般的なブランケットより薄手なのに、ウール100%でていねいにふっくらと織られていてちゃんと温かいので、暖房をつけなくても平気で過ごせます。ちくちくしないので、素肌に触れてもストレスフリーなのもポイント。

■家の中ではいつも一緒

肩からかけてショールにしたり、ひざ掛けにしたり、ちょっとお昼寝したいときの毛布代わりにしたり。家にいるときは、常にブランケットとともに行動しています。

▲ふわっと軽いのに、とってもあたたか。このまま家の中を歩きまわります

夜になると、ブランケットを片手に寝室へ。羽毛布団の上にふんわりとかけると、重さはほとんど変わらないのに温かさは増している気がします。

セミダブルベッド迄だったら、縦にかけるとすっぽりと布団を覆うことができますよ。

▲フリンジがポイント。ベッドルームのインテリアとしても

購入してから1ヵ月。今のところウールブランケットがあれば、暖房なしでどうにか過ごせています。これからもっと寒くなるので、ますます手放せなくなりそう。家族の分も色違いで買おうかなと検討中です。

▲おまけ:我が家の猫たちもこのブランケットは大好き。撮影しようとソファに置いたところ、すぐにぴょこんと飛び乗ってこの我が物顔です

カテゴリ:リネンバード, スタッフ買い物帖

「スタッフ買い物帖」バックナンバー
Top