イベント・ニュースや読みもの note

18.08.06

《スタッフ買い物帖》1本持っているだけで。印象が変わる優秀ベルト

私たちが愛用するアイテムをご紹介する「スタッフ買い物帖」。今回は、小物づかいに目覚めたスタッフあまのが、この夏手放せなくなったLisetteのベルト「サンチュール・クイール2」をおすすめします。

商品ページはこちらから

  ■実は…ベルト使いが苦手でした

シンプルでベーシックがおしゃれ、という考えから、気付けばクローゼットの中はほとんど無地で装飾のない洋服ばかり。アクセサリーや時計をまったく身に付けないスタイルに…。特にベルトは「いつ使うの?」というくらいで、1本も持っていませんでした。

でもここ数年、もっと女性らしくおしゃれをしたい!という気持ちになり、イヤリングを使いはじめたり、指輪を買ってみたり、ヒールの靴を履いてみたり…と、少しずつ、小物づかいが楽しめるように。そのうち、ただ1枚でさらっと着ていたワンピースたちが、ちょっと物足りなく感じてきました。

バックルが小さくて合わせやすそうだな、と思っていたLisetteの「サンチュール・クイール2」。主張が少ないデザイン、細くてミニマルな雰囲気の黒革ベルトは、“小物づかい初心者”といえる私でも挑戦できそう、と、この夏さっそく購入することを決めました。

■ゆったりワンピース、女性らしさアップ!

リラックスした雰囲気のリネンワンピース。ベルトをすると、不思議!上品さがプラスされて引き締まった印象に。ちょっと幼くも見えるゆったりワンピースが、急に女性らしさを帯びました。

■出番のなかった服が、この夏の定番に

年に1回着るか着ないか…だった青いノースリーブワンピースも、このベルトを買ってから毎週登場するように。ベルトをすることでメリハリがついてモードな雰囲気が増し、街が似合う印象になりました。

■カジュアルなTシャツスタイルも楽しめる

Tシャツ×太めのパンツというカジュアルな組み合わせ。ちょっと間違えば野暮っぽくなりそうだけど、幅が細く縫い目のないミニマルなデザインのベルトのおかげで、きちんと今時のおしゃれが成立します。バックルの丸い形が女性らしく、メンズライクになりすぎないところもうれしいです。

なかった頃が考えられないくらい、日々のコーディネートの主力選手になっている「サンチュール・クイール2」。この夏だけでなく、秋冬コーディネートが楽しみになるくらい、満足度たっぷりのお買い物となりました。もう1色のナチュラルも買おうか真剣に検討中です…。

商品ページはこちらから

カテゴリ:リゼッタ, スタッフ買い物帖

Top