イベント・ニュースや読みもの note

18.08.24

《スタッフ買い物帖》トップスを選ばないキュロットパンツ「アベル」

私たちが愛用するアイテムをご紹介する「スタッフ買い物帖」。今回はスタッフわたなべが、リゼッタのキュロットパンツ「アベル」についてご紹介します。

商品ページはこちらから

■ふわっとしたシルエットが秀逸

着ていると「いいですね」と言われる、リネンコットンのキュロットパンツ「アベル」。ふんわりとしたかたちが好きで冬以外は頻繁に穿いてます。

▲私が購入したのは3~4年前のもの。現在は薄い生地を使ったこちらを販売しています

ふんわりとシルエットの秘密、それはウエスト部分にあります。タックとギャザーを合わせているので、裾にかけてふっくらと広がるんです。

物足りなくなりがちなワンツーコーディネートも、アベルをボトムスに持ってくると寂しくならないのは、やっぱりそのシルエットによるところが大きいと思います。

■スカートのように見えて実は…

穿いているとスカートのように見えるのですが、実はキュロットというところも気に入ってます。

▲こんな風に広げなければスカートに見えます。168cmの私はサイズ38を選びました

ロングスカートは好きだけど、歩きづらくて(特に階段の昇り降り)歩きまわる日は躊躇してしまうもの。そんな日もアベルの出番です。足にもたつかないので歩きやすく、生地も重くないから着ていてラクなんです。

■着回しができるからついつい着ちゃう

そして、なんと言ってもついつい着てしまうのは、トップスを選ばないから。

ブラウス、シャツ、カットソー、ニット…持っているほとんどのトップスに合ってしまいます。

▲まだまだ暑い日は薄手のブラウスに帽子をかぶって。かご(胴張グニ手特々小 )

▲カジュアルになりがちなボーダーカットソーも、アベルとなら大人の恰好に。ショルダーバッグ(KOHOROオリジナル)

これからの季節はこんな風にリネンコートを羽織ったり、パーカーやカーディガンと合わせたり…。厚手のコートが必要になる頃まで、まだまだ出番はつづきそうです。

■今のアベルは、こちらの2タイプ

生地を替えてつくりつづけているリゼッタのアベル。現在販売しているのは黄色と明るいグレー(写真上:販売終了しました)と、薄い生地を使った軽やかなタイプ(写真下)の2種類です。

▲やっぱりトップスを選びませんね。ウエストをインしてもアウトにしても可愛いんです

カテゴリ:リゼッタ, スタッフ買い物帖

「スタッフ買い物帖」バックナンバー
Top