イベント・ニュースや読みもの note

19.2.1

《スタッフ買い物帖》リゼッタスタッフのリクエストから生まれたシクリスト・トリコ

私たちが愛用するアイテムをご紹介する「スタッフ買い物帖」。今回はスタッフまつばらが毎日のように履いている「シクリスト・トリコ」をご紹介します。

商品ページはこちらから

■定番のラムウールのスパッツ「アコーディオン・トリコ」

リゼッタの冬の定番「アコーディオン・トリコ」は 2009年の登場。糸やサイズを見直し、着心地の良さを追求してつくり続けているアイテムのひとつです。

細い番手のラムウールはまるでカシミアのように肌触りがよくて、長めのウエストリブはお腹をしっかりと温めてくれます。

▲アコーディオン・トリコのウエストリブはおなかをすっぽり包み込みます

■膝丈のアコーディオン・トリコが欲しい!

リゼッタスタッフにも愛用者が多い冬の人気者ですが、ある頃から「膝丈のアコーディオン・トリコが欲しい!」という声がちらほら聞こえるようになりました。スカートのときに、脚はすっきりとタイツだけで見せたい、けれど寒いのはイヤ、ということだったそうです。

そんな要望に応えてできあがったのが、シクリスト・トリコ。

▲細番手のラムウール素材はそのまま

アコーディオン・トリコよりも ウエストリブ部分は短めにしてお腹周りはすっきりと、スカートから見えないくらいの膝丈のデザインになりました。

■もう手放せない温かさ

▲外には見えないけれど……
▲シクリスト・トリコを欠かさず履いています

昨年10月に発売されてから、ほぼ毎日のようにシクリスト・トリコを履いている私。 ある日、今日は少し暖かいしパンツだからタイツだけでいいかな、とシクリスト・トリコを履かずに家を出たところ、すぐに「太ももとおしりが寒い! いつもと全然違う!」と、その温かさの威力を実感。

2019春夏コレクションがスタートしましたが、まだまだ寒さが続きそうです。寒さを我慢せず、季節を先取りしておしゃれを楽しみたい方に、ぜひおすすめしたいアイテムです。

この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:リゼッタ, スタッフ買い物帖

「スタッフ買い物帖」バックナンバー
Top