イベント・ニュースや読みもの note

19.07.18

《スタッフ買い物帖》この夏のちょっとそこまでは、サマーニットで

私たちが愛用するアイテムをご紹介する「スタッフ買い物帖」。今回はスタッフわたなべが、その色に惹かれて購入したサマーニット「ジョシュア」をご紹介します。

■好きな色は、黄色です

子供のころから黄色が好きです。

改めて持ち物を見てみると、財布やポーチも黄色。先日つくったお弁当袋(写真右)にも、黄色い小花柄のリバティ生地を使いました。

▲左は随分前から使っているリネンバードのポーチ。何色かある中で即決

黄色の小物は多いのですが、洋服では数年前に買ったリゼッタのワンピースが久しぶりの黄色でした。身に着けると明るい気持ちにさせてくれて、今でもお気に入りの一枚です。

そして今回新たに加わったのが、サマーニットの「ジョシュア」。色の名前はパイユ、つまり麦わら色。少しくすんだ黄色です。

▲サイズは38を選びました

■夏のニットを誤解していました

色に引き寄せられて買いましたが、これまでサマーニットを着る習慣がありませんでした。

というのも、夏のニットは暑そうなイメージがあって躊躇していたんです。

▲触った感じはさらっと滑らか。

でもジョシュアを試着してみたら、とっても涼しい!

リネン80%ナイロン20%の素材によるものなのでしょうか。それとも編み方によるものなのでしょうか。さらっとして熱がこもらなくて、とても快適なんです。

▲裾と袖がピタッとしていないので熱が逃げます

■ほどよいゆとりと、その袖丈

そしてこのかたちも、すごくよいです。

ゆったりとつくられているので、身体の線がぴったりと出ないこと。ほどよいゆとりによって、汗をかいても肌にベタッと密着しないところ。それでいてブカブカにならない身幅であること。

私が夏のトップスに求めている条件にぴったりです。

▲身長168cm

そして何より大事なのが袖丈。

できるだけ腕を出したくない!でも暑いのもイヤ。ジョシュアの袖丈は、そのどちらも解決してくれます。

▲そのカットが、腕をきれいに見せてくれる気がするフレンチスリーブ

■これからますます出番が増えそう

ちょっとそこまでの外出も仕事も、割と同じ格好ででかける私。半袖+リネンのボトムスが夏の定番スタイルです。

いつもならTシャツのところ、サマーニットを着ることでカジュアルになりすぎず年相応の着こなしができる気がします。

▲毎夏、頻繁に穿いているリゼッタのパンツと。この上なく楽です

雨つづきの今は一枚上に羽織ることが多いですが、梅雨が明けたらさらに出番が多くなりそうです。

この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:リゼッタ, スタッフ買い物帖

「スタッフ買い物帖」バックナンバー
Top