イベント・ニュースや読みもの note

19.07.24

《スタッフ買い物帖》毎日着たい、白いシンプルなブラウス

私たちが愛用するアイテムをご紹介する「スタッフ買い物帖」。今回はスタッフまえだが夏の一枚に選んだ、LISETTEのブラウス「マルタン」をご紹介します。

商品ページはこちらから

■夏の白いブラウスを探して

夏になると、白いリネンブラウスが着たくなります。

リゼッタからは今年もさまざまなタイプのブラウが登場しました。その中から私が選んだのはシンプルなシルエットのマルタンです。

▲ブラン(白)のほか、ノアール(黒)もあります

小柄なせいか、たっぷりギャザーだとどうしても「着られている感」が出てしまうのですが、マルタンのすっきりとした形なら無理なく着られます。

■毎日着たい、万能ブラウス

マルタンの魅力は、Tシャツのように気軽に着られてどんなボトムスにも似合うところ。パンツでも、スカートでもなんでも受け止めてくれる、まさに毎日着たいブラウスです。

▲デニムとあわせてカジュアルに。Tシャツのような気軽さはありますが、ブラウスなのでラフになりすぎません
▲リネンのギャザースカートと。鮮やかな色や柄物も映えそう 。身長155cm、36サイズ着用

涼しい日にはカーディガンとあわせて、秋になったらジャケットのインナーにも着たいです。

▲真夏の羽織りの定番、ジョゼット・クール

■ディテールもわたし好み

シンプルな形のマルタンですが、私の求めるものが全部詰まっていました。

まず、冷え症なので長めの袖丈は外せません。ひじまである袖は、エアコンの冷気から腕をしっかり守ってくれます。

そして低身長には嬉しい短めの着丈は、ボトムスにインしなくてもすっきり!暑い日には風が通って快適です。

▲わきのスリットも軽やかにみせてくれます

首周りのさり気ないギャザーもお気に入りポイント。このさり気なさが、いいんです。過度にフェミニンにならず、でもちょっとだけ甘さを足してくれます。

▲襟ぐりにはほんのりギャザーがよっています

■アレンジで印象をかえて

袖をロールアップしてみたり、裾をボトムスにインしてみたり。アレンジするとシンプルな形に曲線が生まれ、表情が変わります。

▲袖を少しまくってコーディネートのバランスをとって

身幅はゆったりしているので、インするとふんわりやわらかい印象に。着丈は短めなので、ハイウエストで着るのがよさそう。

▲首元のギャザーと裾の曲線が相まって、かなり印象が変わります

手持ちのボトムスどれにでも対応してくれるマルタン、この夏大活躍中です。

生地は薄手で透けますので、インナー選びは「《教えてリゼッタ》保存版/夏のインナー選び」を参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:リゼッタ, スタッフ買い物帖

「スタッフ買い物帖」バックナンバー
Top