イベント・ニュースや読みもの note

2018.05.21

〈家具のお話〉アーコール社のソファ

エンベロープではヴィンテージ家具を取り扱っています。昔使っていた人たちがどんな生活を送っていたのか思いを馳せ、“生活にとけこむ” 家具をセレクト。 その良さをより多くの方にお伝えできたらと、ヴィンテージ家具専任スタッフの「家具のお話」をお届けします。今回はウィンザーソファの名で親しまれているアーコール社のソファについてーー

商品ページはこちらから

■ウィンザーソファの名で親しまれているソファ

ウィンザーソファの名で親しまれているアーコール社のシングルソファと3シーターが入荷しました。

弓型の背もたれが描くおおらかなラインと、縦に並ぶ繊細なスピンドルが印象的なこのソファのデザインは、17世紀後半にイギリスで生まれたウィンザーチェアを現代に解釈したものです。

インテリアの本のページを紐解くと、家具の歴史の各ピリオドにウィンザーチェアをリデザインした椅子があることがわかります。

古今東西の有名なデザイナーが北欧スタイルやイタリアデザインの名のもとに、ウィンザーチェアをモチーフに蘇らせた椅子は数知れず。

その多くのものが斬新で奇抜なデザインで占められている中、アーコールのソファは、リメイクを最小限にとどめながら、ウィンザーチェアのオーセンティックなデザインを堅守しています。

■1780年代に流行したデザイン

たとえば、ソファの背もたれをV字に配した2本のスピンドルで支えるデザインは1780年代に流行した「Braced Bow Back Windsor Chair」をそのまま流用したもの。(Braced=支えられる、Bow=弓、Back=背)

1780年にこのような斬新なデザインがあったことも驚きですが、20世紀中ごろにデザインされたアーコールソファが17世紀の椅子をベースにデザインされている、ということにも感じ入ります。

■張地はシックなフレームにあわせて

ライトカラーが人気のアーコールソファですが、今回、紹介するのはダークブラウン・タイプ。

クッションカバーはフレームの色に合わせて、縦糸がブラックで横糸がフラックスのモザイク柄(リベコ社のVanity Black Mosaic)に張り替えました。

アーコールが持つシンプルで軽やかなフォルムはそのままに、シックで落ち着いた雰囲気に仕上がったと思います。

モダンな空間はもちろん、クラシカルなインテリアに合わせてもよさそうですね。

商品ページはこちらから

カテゴリ:リネンバード, TLB home, 家具のお話

Top