イベント・ニュースや読みもの note

18.06.30

≪スタッフ着用≫長袖カディで過ごす夏

長袖が充実しているCALICOやmaku textilesのカディ素材の洋服。インドでつくられているのになぜ?と思ったら、着てみて納得。薄く繊細な生地で仕立てられているので、長袖でも涼しく着られるんです。スタッフが気になる1枚を着てみました。

商品ページはこちらから

■スタッフあまの
maku textiles RAI カディピンタックワンピース

スタッフあまのが選んだのは、maku textilesのピンタックワンピース。以前撮影で着用した時はパンツと合わせたのですが、このワンピースはきっとスカートとも合うはず!と思ったそうです。

身長166㎝

「サイドのスリットからスカートがのぞく感じが可愛いですね。生地が薄いので、重ね履きをしても暑さは気になりません」

リゼッタのベルトでブラウジング。スリットから見える水色のポンポンはタッセルなんです

「そのままゆったりと着るのもいいですが、ベルトでウエストマークをして、メリハリをつけても。無地でシンプルだから、小物やボトムス次第でいろんな楽しみ方ができそう」

■スタッフかわかみ
maku textiles NAOMIジャムダニドレス

つづいては、スタッフかわかみ。女性らしいシルエットでありながら、襟がVネックで甘すぎないジャムダニ織のワンピースを選びました。

161㎝

「とてもリラックスできる軽い着心地です!今日はとても暑いけれど、素肌に張り付くこともなくさらりと過ごせます。長袖は、日焼けや暑さ対策になるのでいいですね」

▲長袖ワンピースと薄手のショールでUV対策を

「一枚でさらりと着てもいいけど、大ぶりなアクセサリーと合わせてまた違った雰囲気も楽しみたいです」

■スタッフわたなべ 
CALICO アングラキブラウス

「真夏でもなるべく腕の露出はしたくない!」というスタッフわたなべが選んだのは、calicoのアングラキブラウスです。

身長168㎝

「このブラウス、今まで着た中で一番薄い素材かも。熱がこもらないから袖をまくらなくても、暑くないです」

▲ホワイト×ブラックは黒いステッチが入って可愛いんですよ。リゼッタのリネンパンツと柄もののバッグと合わせました

「夏のトップスは七分袖で、風が通るゆったりシルエットのものが多かったんですが、このブラウスなら長袖でもいけそう。コンパクトに見せてくれるのもうれしいです」

■スタッフいしかわ
maku textiles MAUIモスリンコットン ジャムダニサマージャケット

スタッフいしかわは、いつものスタイルにmaku textilesのサマージャケットをプラス。クーラーが苦手なので、羽織りものが必需品のいしかわ。長袖なのにとても軽そうなこのジャケットが、ずっと気になっていたそうです。

「想像以上に、軽いですね!カディならではのサラッと、ふわっとした肌ざわりが気持ちいいです」

163㎝

「太めのパンツと半袖シャツのシンプルなコーディネートに羽織るだけで、素敵になりますね。白いパンツを持っているので、上下白に合わせてもいいかも。ジャムダニ織りの柄がアクセント役になってくれそうです」

■スタッフしみず
CALICO カディマキシギャザースカート

最後はトップスではなくスカートを。スタッフしみずが選んだのは、鮮やかなピンクのマキシスカート。ロング丈でも涼しい着心地です。

153㎝

「マキシスカートに憧れていたのですが、身長153㎝の私にはちょっと長いかなって思って…。でもこのスカートは軽やかな素材で歩きやすかったです。ウエストもゴムで楽ですね。
裏地つきですが念のためローズ4を着用、それでも涼しく履けます。あまのが着たワンピースにも合うと思います」

▲以前リゼッタで購入したブラウスと、コホロのあけびかごと合わせて。白いTシャツやリゼッタのスニーカーとも合いそうです

商品ページはこちらから

カテゴリ:カラカリ

Top