イベント・ニュースや読みもの note

20.01.16

《スタッフ買い物帖》お正月が終っても食べたい!まるざ古代餅

私たちが愛用するアイテムをご紹介する「スタッフ買い物帖」。今回ご紹介するのは沢山のスタッフが購入したあの玄米餅、「まるざ発芽玄米研究所の古代餅」です。一部ではありますが、購入したスタッフの声をお届けします。

商品ページはこちらから

■今年のお正月は古代餅で

年末にまるざ発芽玄米研究所から古代餅が届き、いつもにも増してお正月休みが楽しみだった私たち。

スタッフいしかわもその一人。今年は古代餅のお雑煮でお祝いしたそうです。

「いつも食べるお餅と比べて、古代餅は重くなくて食べやすかったです。ご馳走つづきのお正月にぴったりだなと思いました。汁なじみがよくて、出汁のおいしさも一緒に味わえました」

色々な味を楽しめる「まるざ古代餅1週間セット 」を購入したのはスタッフほしな。ひまわりの種が入った古代餅に、えび、アーモンド、くるみ、ごまが入った韓国のりをかけて食べたそう。

「食感が楽しめるお餅なので、つぶつぶ感のある古代餅と、のりのパリパリを合わせました」

リネンバードホームスタッフわたなべは自宅用、贈りものにと3個購入。古代餅は甘いものとも相性がいいそうですよ。

「 新年はじめての食事は毎年おしること決めていて、今年は古代餅で…。 玄米餅の香ばしさと自然な甘味がおしるこにぴったり!

メープルシロップとバターをかけて食べるのもおすすめです」

■仕事前にもぐもぐ…

お正月が終っても食べているスタッフも。

スタッフわたなべは家で焼いた古代餅持参で出勤。仕事前にまだ温もりが残るお餅を食べる時間が幸せなのだそう。

「普通のお餅と違って、古代餅はお正月が過ぎても全然飽きないんです。硬くならないように、アルミホイルで包んで持ってきています」

「20個入りの餅のうち、いくつかはサイコロ状にカットして冷凍しました。スープなど汁物の具に加えると、満足感があります。

すでに全部食べ終わってしまったので、もう1回申し込みます!」

■平日の夜ごはんに

スタッフこやまの自宅では、夜ごはんに古代餅が登場。以前雑誌で見かけた「切り餅と牛肉の甘辛炒め」をつくったそうです。

「トッピングの春菊と古代餅の香りが食欲をそそり、あっという間にぺろり。

白いお餅もまぜてみましたが、やはり古代餅のほうがよく料理に馴染み、それでいて独特のプチプチとした食感がアクセントになりました」

「長ねぎとベーコンと合わせてグラタンもつくりました。和にも洋にも合う長ねぎの香りと、古代餅のぷちぷちもちもちの食感がくせになる一皿でした。

どちらもワンプレートで大満足なので、忙しい平日の夜ごはんにぴったりでした」

一部ではありますが購入したスタッフの声をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

次回のエンベロープでの販売はおそらく来年になるかもしれないので、気になった方はこの機会をお見逃しなく。

この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:エンベロープフードホール

最近の記事
Top