イベント・ニュースや読みもの note

18.02.20

《SHOP STAFF LESSON》着まわしても新鮮!卒・入学式の装い

暮らしについておしゃれについて、ショップスタッフがレクチャーする連載「SHOP STAFF LESSON」。今回は、Lisetteのスタッフにフォーマルウェアの着こなしを教えてもらいました。卒・入学式での着まわし方をご紹介します。

商品ページはこちらから

■ワンピースで過ごす大切な日

●着まわしアイテム:ルルーシュ

華やかなフランス製のレースが、お祝いの席にぴったりなワンピース。顔回りを明るく見せてくれるシルク色です。リネン素材なので、パンツと合わせれば普段の装いにも活躍してくれます。

「晴れの日にふさわしいレースのワンピース。卒業式には、黒のジャケットを合わせて厳かに。かっちりとしすぎない女性らしいジャケットを選べば、ワンピースに合いますよ。

入学式には白や生成色など明るい色を選んで、春らしく。華やかなトリミングカーディガンなら、式にもぴったり。コサージュやパールのアクセサリーで彩りを添えて」

▲ウエスト部分がほどよくシェイプされたフェミニンなジャケットと

▲入学式には柔らかな色でまとめて

▲防寒用のストールやサブバッグも春らしい色を

■ボトムスを選ばないジャケットと

●着まわしアイテム:エレクトラ

ノーカラーのすっきりとしたジャケット。シンプルなデザインでありながら、黒の経糸×茶の緯糸の光沢感のある生地なのでフォーマルなシーンにもぴったりです。

「平織りウールリネンのジャケット“エレクトラ”は、秋から春先まで着られる1枚。ボトムスを選ばないので、まだ寒さが残る卒業式にはパンツで足元を暖かく。入学式には動きのあるタックスカートを合わせて軽やかに。

シンプルなノーカラージャケットを持っていると、今後の学校行事でも活躍してくれます」

▲寒いという声が多い式場。パンツで少しでも暖かく

▲モクレンをモチーフにしたコサージュは、リボンがはずせるので普段使いにも

■セットアップは小物や着こなしでアレンジ

●着まわしアイテム:マイヤ×フィーネ

美しい光沢感のあるシルクリネンで仕立てたセットアップ。ジャケットは小ぶりな丸襟で愛らしく。膝が隠れる丈感のスカートは、バックに細かくプリーツを寄せて。上品にまとまります

「卒業式と入学式が同じ服の場合は、着こなしや小物で雰囲気を変えて。卒業式にはジャケットボタンを留めて、シックに。入学式には、白いブラウスと襟元のコサージュで晴れやかに。

黒のシルクリネンのセットアップは、セレモニーシーンで活躍するので揃えておくと安心です」

▲小さなバッグに入りきらない荷物はサブバッグに。装いに合わせて革素材の黒を

▲レースをあしらったバッグが、シンプルなセットアップのアクセント役に

▲モノトーンのコーディネートも、春らしいコートを羽織れば、華やかな着こなしに。(左)コート:ジュベル、(右)コート:アメリア(ノアール)

*モデル身長は166㎝です。

商品ページはこちらから

カテゴリ:リゼッタ, Shop staff lesson

Top