イベント・ニュースや読みもの note

2021.0622

≪スタッフセレクト≫ 開催中のかご展。スタッフがお気に入りを選びました

夏が近づくと、やっぱり持ちたくなるかご。今回は、開催中のエンベロープかご展「かごの旅」よりスタッフおすすめのかごをご紹介します。スタッフは使うシーンに合わせて、編み目のデザインや素材を選んでいるようです

エンベロープかご展「かごの旅」2021年6月15日(火)15:00~6月30日(水)10:00

■持ち手のつなぎ合わせ部分に惹かれて/スタッフひろさわ

「包み込みたくなるような 丸いかたちが可愛くて、宮本工芸の『織編みバッグ』選びました。浅すぎず深すぎないので、中のものが取り出しやすく荷物も結構入ります」

宮本工芸 あけびかご 織編みバッグリング手

「一見シンプルな編み目ですが、持ち手とバッグの連結部の編み方も凝っていて気に入っています」

商品ページはこちらから

■山ぶどうかごを使い込みたい/スタッフいしかわ

「みんなの憧れ、山ぶどうかごはいつか欲しいなと思う逸品。一生使えるのならば早く買って使い込むべきだよなぁと思いつつ、お高いものなのでずっと迷っています」

宮本工芸 山ぶどうかご あじろ編みからみ手 中
▲選んだのはスタンダードなあじろ編み。ずっと飽きなく使えそうで選びました

「小と中のサイズがあるうち、中だったら 荷物の多い私も安心。長財布にA5サイズの手帳、お弁当箱もおさまりました。どんどん使って味わいをだしたいので、手に入れたら夏の間は毎日の通勤バッグとして使いたいです」

商品ページはこちらから

■パンツスタイル、夏の浴衣・・・365日使えるかご/スタッフはしもと

「欲しかったのは、パンツスタイルにもワンピースにも似合うかご。宮本工芸の『薄型のあけびかご』は、ふだん着だけでなく、夏の浴衣や着物、ほかにも機会を選ばずに使えて重宝しそうです」

宮本工芸 あけびかご 薄型2本ホラ編み弓手
▲長さのある水筒もすっぽり入ります

商品ページはこちらから

■ジッパーなしのボストンバッグをラフに使いたい/スタッフみやした

「カステラノートの『バスケットボストン』は、ボストンバッグなのにラフに持てるところが気に入りました。何よりバッグ自体がとても軽いのです。カジュアルな編み目はキッチュな感じで異国の雰囲気を感じます」

▲思いつきの遠出や1泊くらいの旅行に。ワンピース1枚にハードカバーの本、ポーチ、財布、携帯が入りました
CASTELLA NOTE Palm Basket Boston M

「口部分はジッパーなし、自然と中身が見えない形状に編まれています。その補助として左右には2箇所の留め具も。ひっかけるところは遊び心が感じられてそこも好きです」

商品ページはこちらから

■4本のあじろ編みにほれ惚れ/スタッフはまなか

「かごと言えば、縦と横に交差する編み目をイメージしていたので、このあけびかごの『4本のあじろ編み』は面白い編み方だな、と思いました。すっきりとしたシルエットなので、シンプルな服に合わせやすいです」

宮本工芸 あけびかご あじろ編みロータイプ
▲しっかりと編まれた手触りも好きです

商品ページはこちらから

■次に選ぶのは、はじめての丸型/スタッフかわかみ

「宮本工芸の『妻胴張ホラ編み』は、定番でシンプルなホラ編みでもコロンとした形が可愛いなと選びました。自分が持っているカゴバックが四角ばかりなので、違う印象の丸型が欲しかったのも選んだ理由のひとつです」

宮本工芸 あけびかご 妻胴張ホラ編み 特小

「お財布、小さなポーチ、お弁当箱、500mlの水筒(寝かせて)が入ります。ふだん使いに十分な収納力を感じます。ふだんパンツスタイルが多いので、このバッグで柔らかさをプラスしたコーディネートで楽しみたいです」

商品ページはこちらから

エンベロープかご展「かごの旅」2021年6月15日(火)15:00~6月30日(水)10:00

この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:エンベロープスタッフセレクト

「エンベロープスタッフセレクト」バックナンバー
最近の記事
Top