イベント・ニュースや読みもの note

19.07.26

《SHOP訪問》二子玉川shed/MAISON LOU paris「l’été de Paris – 花と暮らす夏のパリの蚤の市-」

日本とパリで活躍するフラワースタイリストMAISON LOU parisの小さなお店がオープン。美しい花とともに、この夏パリで仕入れたヴィンテージ雑貨や小物が並んでいます。7月28日(日)まで。 (※天候により変更となる場合があります)

■夏のパリが香る、3日間だけのお店

先日までパリに滞在していた、フラワースタイリスト MAISON LOU paris 守屋さん。

仕入れたばかりのアクセサリーやヴィンテージ雑貨が、お花の溢れる二子玉川shedに並んでいます。


■みずみずしいお花を家に持ち帰って

shed店内に広がる、まるでパリのセレクトショップのような空間。今朝仕入れたばかりのお花たちはとてもみずみずしく、ながめるだけでも暑さを忘れるよう。

フラワースタイリスト守屋さんがセレクトしたお花たちは、どれも買って帰ることができます。アドバイスをもらいながら、お好きな花を選んでみてくださいね。

▲ホワイトナイトというひまわりは、ふんわりやさしいひよこ色

■ MAISON LOU parisセレクトの雑貨たち

テーブルには、パリのセレクトショップと蚤の市で集めた雑貨がずらり。まるでパリを旅している気分を味わえます。

▲絵の具のようなチューブ型のハンドクリーム。各国でとても人気のある注目のブランドです
▲パリの有名なセレクトショップ、メルシーの創始者が新しくはじめたブランド「Démodé(デモデ)」。枯れた花をモチーフにしたお皿
▲イタリア・ボローニャ地方のリネンブランドがつくるハンカチはバリエーション豊か。プレゼントしたくなる一品
▲人気のエコバッグも買うことができます

MAISON LOU paris が日本のソックスブランドと一緒につくった、お花模様のレースレギンスも並んでいます。すずやかでこれからの気候にぴったりです。


■シンプルな夏のおしゃれにプラス!

パリ市内のいろんな地区の蚤の市に足を運び、仕入れたヴィンテージアクセサリーたち。シンプルな夏のおしゃれに映えるような、1点で存在感のあるものばかり。

▲区によって、蚤の市に並ぶアクセサリーの雰囲気がすこしずつ違うそう
▲シックな色で落ち着きのあるイヤリング
▲ブルドッグがリングに!指にしがみつきます

大ぶりなバングルは、半袖やノースリーブで手首周りがさみしくなるこの季節にぴったり。2本、3本と重ねて付けるのがおすすめです。

■ワークショップ、当日参加できます

ワークショップでは、パリで仕入れた木製のフレームに、白や緑でまとめられた野草をアレンジ。パリの空気に包まれながら、守屋さんのスタイリングを学ぶことができます。

ワークショップは ①7/26(金)14:00-15:00 ②7/27(土)11:00-12:00 の2回開催。当日参加もできますよ。

また、ワークショップの時間も、店内に入って雑貨やお花を買うことができます。夏のパリを感じる3日間、二子玉川shedにぜひいらしてくださいね。

二子玉川shed/MAISON LOU paris「l’été de Paris – 花と暮らす夏のパリの蚤の市-」

開催日時
2019年7月26日(金)11:00~19:00/7月27日(土)11:00~17:00/
7月28日(日)11:00~15:00
※天候により変更となる場合があります。shedのインスタグラムをご確認ください。

《ワークショップ》
① 7月26日(金)14:00~15:00 ② 7月27日(土)11:00~12:00

shed(東急田園都市線・大井町線二子玉川駅より徒歩3分)

カテゴリ:shed, SHOP訪問

「SHOP訪問」バックナンバー
Top