イベント・ニュースや読みもの note

20.05.08

《スタッフセレクト》実は優れもの。ダークカラーのブラウスを、ラフに着こなして

ブラウスと言えば白が主役のアイテムだと思われがちですが、今回注目したのはダークカラー。「白は気恥ずかしくて抵抗が…」という方もコーディネートに取り入れやすく、インナーの透けの心配もなし。一枚着ればコーディネートが様になる、優れものです。今回はエンベロープスタッフが、それぞれ気になっているダークカラーブラウスを着てみました。

■バランスの取りやすい着丈短めを/スタッフこやま

選んだブラウス:ニコレット エレファント36

大きめの襟と短めの丈がポイントの「ニコレット」を選んだのは、スタッフこやま。

「 ショート丈なので、一般的な襟つきシャツ・ブラウスのようにインではなくアウトで着ても様になりそうなデザインに惹かれました。

襟つきで、ゆったりとした見頃と短めの丈、ドロップショルダーのデザインはなかなかないと思いました 」

▲大きめのなフラットカラーがポイント

「思った通り、短い丈のおかげでパンツでもスカートでもバランスがとりやすいです。楽なのにきちんと見えるところが素敵で、可愛らしい襟の丸みや襟ぐりの開きも絶妙。

ストレスフリーなデニムパンツとあわせて、楽ちんなのに可愛らしさのあるコーディネートを楽しみたいです」

▲色はエレファントを選んだことで、柔らかい印象に。リゼッタのパンツ「 ルカス/アンディゴ」と合わせて /身長170cm
▲着丈が短めなので、インせずラフに着ることができます

■リネンシルクをウエストアウトでラフに/スタッフはしもと

選んだブラウス: [susuri]カルマールブラウス  ブラック

今季からお取り扱いがスタートした、susuriの「カルマールブラウス」を選んだのはスタッフはしもと。

「リネンとシルクの細かなチェックを描いた織りが素敵で、ずっと気になっていました。バンドカラーで首まわりがすっきりとしているのも、抜け感があってよいです。

重たくならないよう軽やかな色のスカートと合わせて、丸みのある裾はひらりと出して着たいです」

▲リゼッタのスカート「ベニート ベージュ」と合わせて/身長161cm

「生地はもっとおでかけ着っぽい質感かなと思っていましたが、薄手で柔らかくて心地よいです。これなら、ちょっとしたお散歩やお買いものにも気負わず着れそう」

▲ふんわりとした袖のギャザーで、可愛らしい雰囲気も

「ウエストインにして着ると、ブラウスのマニッシュさが強調される気がします。お出かけの日は、こういう着方もできそうですね」

■鎖骨が見えないリネンブラウス/スタッフわたなべ

選んだブラウス:アンリエット ノアール36

スタッフわたなべは、発売以来素敵だなと気になってついつい商品ページを眺めていたというリゼッタのブラウス「アンリエット」を選びました。

「惹かれる理由は、この襟ぐり。鎖骨が見えないリネンブラウスを探していたのですが、思い描いていたイメージにぴったりでした。

白もいいけれど、家で過ごす時間も気持ちを引き締めてくれそうな黒が今の気分に合ってます 」

▲素材はリネン100%。通常のリネンよりシワになりにくい素材でつくられています

「お出かけ用のブラウスかなと思ったのですが、着てみたらかしこまりすぎず着やすかったです。襟の開き具合も想像していた通りのほどよさ。

ボトムスは、この時期出番が多いリゼッタのワイドパンツと合わせて着たいです」

▲ウエストインにしても、胸元のギャザーはダボつかずきれい/身長168cm
▲ウエストアウトにしてカジュアルに着てもよさそうです

■贅沢なタックをいかして/スタッフあまの

選んだブラウス:[TENNE HANDCRAFTED MODERN]ラウンドタックシャツ ネイビー

スタッフあまのが選んだのは、立体裁断でつくられたシルエットの美しい
TENNE HANDCRAFTED MODERN のラウンドタックシャツ

「肩から背中まで一周したタックが、なんて贅沢なんだろう。無地だけど、静かに個性を放っていて、一度着てみたいなと思っていました」

▲ギャザーではなくタックなので甘さは控えめ

「デザインの個性を活かしたくて、シンプルなロングスカートを合わせました。色は同じダークカラーで統一。

生成りのサコッシュとスニーカーでカジュアルダウンもできますし、革のアイテムと合わせればお出かけ着にもなりそうです」

▲スカートは「[SALUÉ]ワンサイドスリットロングスカート(ヘリンボーン) 」/身長168cm

「インしたら胸元からふんわり生地がふくらみ、よりタックが際立ちます。パフスリーブがかわいいので、横からのシルエットがポイントです」

■日常着にぴったりのスモックブラウス/スタッフいしかわ

選んだブラウス:フェリシエンヌ シャルボヌー36

今回登場するブラウスの中で一番カジュアルでリラックス感のあるブラウスがこちら、スタッフいしかわが選んだリゼッタの「フェリシエンヌ」です。

「インナーに何を着ていても響かない、日常着として着れそうなスモッグブラウスが気になっていました。

教えてリゼッタの記事で同じブラウスを着たスタッフこやまとも話していたんですが、このブラウスは生地がなんだかよいんですよね。柔らかいけどしっかりしていて、洗いを繰り返すうちに風合いよく育つのが分かる生地なんです」

▲休日のちょっとした買いものをイメージして、ゆったりシルエットの「CALICO デニムカディ サスペンダーワイドパンツ ホワイト M」、便利な「 [NIZYU KANO]LIGHT NYLON サコッシュS 」と合わせて/身長163cm

「シャルボヌーの色味は、ダークカラーだけど春夏に着ても軽やか。アンティークリネンを思わせる風合いが魅力的です。

よくよく観察すると、襟ぐりのシャーリングのおかげで動きやすくなっていたり、裾がパイピング仕様で丈夫だったり、デザイナーの知恵が詰まっています」

▲動きやすい首まわり
▲ 大きなラウンドの裾は丈夫なパイピング仕様。袖もゆったりで、袖口の小さなあきと少しのギャザーが腕の動きをスムーズにします
この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:リゼッタ, エンベロープ, スタッフセレクト

「スタッフセレクト」バックナンバー
最近の記事
Top