イベント・ニュースや読みもの note

【 つくり手ファイル 】

2020.04.13

《つくり手ファイル》器に光を映すように/陶藝家・瀬川辰馬さん

まるで古代の出土品のような、静かな詩情を湛えた器をつくる瀬川辰馬さん。どのような思いで器づくりに取り組んでいるのか、オンラインショップでの個展に先がけ、お話を伺いました。...
20.02.12

《つくり手ファイル》さりげなくあたたかい、デンマークの糸仕事/vinoneliö 上野かおりさん

古いヨーロッパの日常着を元に服をデザインする、vinoneliö(ヴィノネリオ)の上野かおりさん。デンマークに留学し、おおらかな環境で学んだ手仕事が細部に落とし込まれています。二子...
20.01.15

《つくり手ファイル》木と異素材の美しい調和/枯白

枯白の作品は、日常の風景を特別なひとこまに変える力があります。木だけでなく金属や革の加工も自分たちで行うため手間は要するけれど、だからこそ異素材同士の調和は叶うのでしょう。この冬姫...
20.01.14

《つくり手ファイル》埋もれた知恵を繋いでいく/ヌ 横張圭祐さん

長く使うことを前提に、見えないところにも思いを込めてつくられた「ヌ」の革小物。二子玉川shedでの個展を前に、つくり手の横張圭祐さんにお話を伺いました。...
掲載日:19.08.30

《つくり手ファイル》手だから生まれる心地よさ/犬飼眼鏡枠 犬飼厚仁さん

「犬飼眼鏡枠」の眼鏡フレームは、デザインから製作までひとりでつくられています。二子玉川shedで9月からはじまる展示受注会の前に、長野県松本市にある犬飼さんの工房でお話を伺いました...
19.07.10

《つくり手ファイル》革のある暮らしをデザイン/Lille og Stor

Lille og Stor(リレオストア)が手がけるのは、インテリアを彩る革アイテム。革ならではの性質を活かしてつくられるカタチはどれも独自性があり、新しい発見があります。台東区浅...
19.05.30

《つくり手ファイル》北欧先住民の伝統をひも解き、今に伝える/YOHEI NOGUCHI 野口陽平さん

北欧の先住民サーミ族に何百年と伝わる刺繍技法の装飾工芸品「Duodje(ドゥオッチ)」。その伝統を取り入れたアクセサリーをつくる「YOHEI NOGUCHI」の野口陽平さんにお話を...
19.05.16

《つくり手ファイル》つくるものに込める願い/NIZYU KANO

「気付いたらいつも使っている」そんな道具に出合えた人は幸せです。NIZYU KANO(ニジュウカノウ)がつくるバッグはどこまでも使う人思い。デザインと機能、その両方が叶うプロダクト...
19.04.10

《つくり手ファイル》大切な時を共にするアクセサリー/yasuhide ono

各国を旅して集めた鉱物を使った、唯一無二のアクセサリーをつくる小野泰秀さんにお話を伺いました。4月12日(金)よりエンベロープオンラインショップで販売開始します。...
19.03.08

《つくり手ファイル》静けさを織る/手織り作家 山口ミスズさん

3月23日(土)より二子玉川shedにて個展を開催する山口ミスズさん。時間をかけて手織りストールをつくりつづける、その思いを伺いました。※展示会は終了しました...
Top