イベント・ニュースや読みもの note

19.04.26

《教えてリゼッタ》私に合うのはどのデニム?

リゼッタスタッフに教えてもらう、ファッションの気になること。今回のテーマは「デニム選び」です。デザインや素材違いのデニムが充実しているリゼッタ。スタッフそれぞれのお悩みを聞きながら、おすすめを選んでもらいました。

■「ぴったりサイズのデニムが欲しい」/スタッフしみず

「デニム好きだけど、丈が長くて毎回お直しなんです」というのは、スタッフしみず。 153cmで細身の体型なので、ウエストも丈もジャストサイズが見つからないのがお悩みです。

そんなしみずにあわせてリゼッタスタッフが選んだのが、細身のデニム「モーリス」。34サイズを履くと、ウエストも丈もぴったりでした。

▲身長153cm

「私のためにつくられたみたい!ぴったりしているのに動きやすいですね。

身体にフィットしているので、ロールアップしてワンピースと合わせてももたつかずすっきり着られそうです」

▲靴は5cmヒールの chausser Tストラップパンプス 。「ヒール靴は普段あまり履かないのですが、デニム に合わせると子供っぽくなりすぎずいいですね」

デニムといえばコットンのイメージがあるかもしれませんが、こちらはリネン素材。さらさらとした肌ざわりで、身体になじみます。

「柔らかく、ごわごわしないのがいいですね。肌にまとわりつかなくて、通気性もよいです。リネンなら汗をかいても乾きが速いので、夏も出番が多くなりそう」

▲リゼッタならではのリネンデニム。リネンシリーズにはこちらのタグがついています

■「裾がなんだか決まらない」/スタッフわたなべ

普段あまりデニムを履かないわたなべ。履き慣れていないから、こなれた着こなしができないそう。特に足元が決まらずロールアップがうまくできません。

「裾に向かって細くなっているタイプを選ぶと、ロールアップしやすいですよ」とリゼッタスタッフ。身長168cmのわたなべにあわせて選んだのが、バスティアンアンディゴのサイズ38です。

▲細めに2回折りました。身長168cm

「歩いているうちにロールアップが落ちてしまうのがイヤで、デニムから遠ざかってました。このパンツはテーパードされているから折ったまま固定しますね」

▲腰や太腿部分は若干ゆとりがありますが、やや先細りのシルエットなのでボリュームは出すぎません
▲カジュアルに着たい時にはロールアップでスニーカー
▲女性らしく履きたい時は折らずに、ヒールのある靴と合わせて

バスティアンアンディゴは、リネン×コットンのミックス素材。 たて糸がコットン、よこ糸がリネンで織られています。

リネンのやわらかな着心地と、ほどよい張り感を持ち合わせたいいとこどりのデニム。「いかにもデニム」はなんだか落ち着かないというわたなべの希望通りです。

■「気になる腰周りをカバーしたい」/スタッフかわかみ

スタッフかわかみの悩みは、ウエストと太もものバランス。ウエストに合わせると、太ももがピタピタに。太ももに合わせるとウエストが大きくなってしまうそうです。

「気になる腰周りをカバーしたい」というかわかみへのおすすめは、「マーシー」の34サイズ。腰周りはゆったりしていて、裾に向かってシェイプされたデザインです。

▲生デニムなので最初は張り感がありますが、どんどんなじんでいきます 身長160cm

「このデニムの素材はコットン、洗い加工をしていない生デニムです。最初は硬く感じると思いますが、履いていくうちに馴染んで自分だけの1本になりますよ」とリゼッタスタッフ。

洗濯により縮むので、いつものサイズより少し大きめを選ぶのがおすすめだそうです。

▲後ろにはウエスト調整できるバックルつき(右)

▲足元はバレエシューズで軽やかに

「身体のラインが出すぎないので、安心して履けますね。少しだけ余裕がありますが、縮むことを考えるとこれが私サイズだと思います」

■素材で選べるのはリゼッタならでは

リネン、コットンそしてリネン×コットン…。素材にバリエーションがあるのはリゼッタならでは。

デニムを選ぶときは、デザインやサイズだけでなく、素材も考慮するとよりイメージに近いものに出合えそう。ぜひお買い物の参考にしてください。

この記事で紹介したアイテム

カテゴリ:おしえてリゼッタ

「おしえてリゼッタ」バックナンバー
Top