イベント・ニュースや読みもの note

19.02.21

《教えてリゼッタ》私らしい卒入学式の装い

リゼッタスタッフに教えてもらう、ファッションの気になること。今回のテーマは「卒入学式の装い」。私らしいハレの日の装いをリゼッタスタッフに教えてもらいました。

■厳かな卒業式には、ワンピース+ジャケット

卒入学式シーズンを前に、気になるのが当日の装い。大切な日だからこそ私らしく過ごすために…リゼッタスタッフにおすすめを紹介してもらいました。

卒業式の装いに選んだのはこちらの白×黒のウールワンピース、「タニア」です。

▲白糸が織り込まれているので暗すぎず、入学式に着まわしもできるワンピース。ベージュの網タイツと組み合わせると、春らしく

「お祝いであるとともに、感謝の気持ちを伝える場でもある卒業式。色は控えめに、コサージュで華を添える程度がよいと思います。

同素材のジャケットを羽織ってセミフォーマルに」

▲清らかな白のコサージュをつけて。このコサージュ、裏にピンがついているので、ヘアアクセサリーにもなるんです
▲フォーマルにふさわしいレースバッグ。サブバッグも布ではなく革であらたまった印象に

まだ寒さが残る時期なので、防寒対策も必要。

「広い会場でずっと座っていると身体が冷えてしまいがち。ワンピースとジャケットはウール素材が暖かくおすすめです。 膝丈のウールスパッツも、この時期何かと重宝しますよ。

ひざ掛けにもなるカシミヤのストールも、持っていきたいものの一つ」

ワンピース(タニア)ジャケット(トスカ)コサージュ(コルサージュ・カメリヤ)バッグ(ポシェ・エミリア)白のバッグ(サック・ゴーチェ) モデル身長166cm
▲インナーにはウールスパッツを。スカートから見えない膝丈なので、すっきり

■入学式は明るいベージュで、晴れやかに

入学式の装いは、光沢感があるビスコースのワンピース「アンナレーナ」が主役。明るいベージュは、桜の下での記念撮影に映えます。

▲ワンピースに存在感があるので、潔くノーアクセサリーで

「新しい生活の“はじまり”でもある入学式は、やはり華やかな色目が合います。

厳かな雰囲気の卒業式から一転、入学式は新生活への期待感が広がる晴れやかな日。そんな日に艶感が美しいワンピースはぴったりです」

▲ジャカード織りで表現した格子柄が表情豊か
▲フロントはボックスプリーツで
▲袖口にかけて広がるクラシカルな袖
▲デザインのポイントとなっているポケット。フタを留めるボタンやハンドステッチが目をひきます

■当日だけではもったいない、小物選び

どんなものを選んだらいいのか悩ましい、セレモニー用のバッグやアクセサリー。リゼッタでは、その日が終わった後も愛用できるアイテムが充実しています。

【卒業式】

暖かく過ごすために役立ってくれるのがカシミヤのストールとともに、内側に子羊の毛が付いたバレエシューズ。室内履きとして活躍します。

バッグはサブバッグとともに、きちんとした印象のものを。涙をふくためのレースのリネンのハンカチも忘れずに。

白のバッグ(サック・ゴーチェ/ブラン)シューズ(Bagllerina バレエシューズ/ピンク)レースバッグ(ポシェ・エミリア/ノアール)ハンカチ(ムショア・ユリア/アンティークホワイト)ストール(ディーナ/ブル・ニュイ)

【入学式】

学校によっては教科書を渡されたりと、荷物が多くなる入学式。大きめのバッグは必須です。リゼッタでは、A4サイズが入れられる本革バッグをご用意しています。

バッグに合わせて室内履きはシックな色で。 4月とはいえ寒さに備えて、明るい色のストールも持っていると安心です。

バッグ(サック・クイール・ヘルマン/ノアール)ストール(ディーナ/カフェオレ)シューズ(drogheria Crivellini ウールコットンシューズ)

カテゴリ:リゼッタ

Top